無料トライアル開催中!会員になってショウタイムを体験しよう!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

カンテレドーガ「ヒミツの花園 #7」

カンテレドーガ「ヒミツの花園 #7」

【#7 やさしくしないで…涙と抱擁のワケ】
 テレビ局から、花園ゆり子の漫画を原作にしたドラマを作りたいというオファーが舞い込む。漫画の売り上げにつながると思った夏世(釈由美子)が兄弟たちに相談すると、主役を人気女優が演じると聞き、修(池田鉄洋)はノリノリ。一方、陽(本郷奏多)は原作を超えたドラマはないと慎重路線。智(要潤)は航(堺雅人)に意見を求めるが、智に任せると一言。夏世は航のそっけない態度が気にかかる。後日、ドラマの担当プロデューサーに会った智は熱意に押され、ドラマ化をOKする。ところがその夜、夏世は航から呼び出され、作品がどう扱われるかが心配だからドラマ化の話を断って欲しいと頼まれる。「花園ゆり子を守りたい」と言う航に対し、夏世は自分が間に立って交渉していくからと言い放った。
 テレビ局で夏世は出来上がったドラマの筋書きを読む。ところが、設定だけ利用した全く別の作品になっていた。なんとかこれで花園に了承を取って欲しいとプロデューサーは言うが、夏世は譲らず、結局ドラマ化は取りやめになってしまう。その足で片岡家へ向かった夏世はマンションの入り口で航と出会う。ドラマ化がダメになったことを泣きながら謝る夏世を慰める航。
 その頃、ある編集部では、あるスクープを載せた週刊誌が刷り上っていた…。

ドジで天然な編集者と、正体を隠し超人気漫画家“花園ゆり子”として少女マンガを描き続ける個性派イケメン四兄弟との不思議な関係を描く新感覚ハートフルコメディ。

【キャスト】
釈由美子、堺雅人、要潤、池田鉄洋、本郷奏多/寺島進、真矢みき

【スタッフ】
脚本:永田優子
演出:小松隆志、二宮浩行、池添博
プロデューサー:吉條英希(関西テレビ)、遠田孝一(MMJ)、伊藤達哉(MMJ)
音楽:仲西匡
主題歌・挿入歌:「Baby Don’t Cry」安室奈美恵(avex trax)
制作:関西テレビ MMJ

» ご希望の作品が見つからない場合