無料トライアル開催中!会員になってショウタイムを体験しよう!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

カンテレドーガ「ヒミツの花園 #8」

カンテレドーガ「ヒミツの花園 #8」

【#8 兄弟が壊れる時…】
 ワイドショーで、花園ゆり子の正体が男四兄弟だった事が放送された。
 悩んだ夏世(釈由美子)が編集長・田丸(田中哲司)に相談すると、夏世が担当するコミック誌で花園ゆり子のインタビューを載せた特集記事を組み、四兄弟が表に出てイメージアップを図るほうがいいと提案される。四兄弟も騒動が収まるならと、1度だけ取材に応じることを了解。
 早速、亮子(真矢みき)をプロデューサーに、写真撮影とインタビューが始まる。1週間後、花園の特集を載せたコミックが発売になるや大反響を呼び、騒動は収まるどころか大フィーバー。花園のマンションにはファンが押し寄せ、編集部にも取材オファーが殺到。取材は1度きりと約束していた夏世は困惑する。
 後日、夏世が兄弟たちに状況を説明し、修(池田鉄洋)は自分にトークライブの依頼が来ていると聞き上機嫌に。ところが、その後航(堺雅人)から取材を断るように言われてしまう。航は締め切りの迫った仕事の心配をするが、修はウキウキでトークライブに出かけてしまった。深夜に戻ってきた修は、自分の話に感動してくれたと嬉しそうに話すが、航は怒りをあらわにした。すると、修は“片岡修”として生きたいと本音をポロリ。そのうち、智(要潤)も巻き込み、つかみ合いのケンカに…。

ドジで天然な編集者と、正体を隠し超人気漫画家“花園ゆり子”として少女マンガを描き続ける個性派イケメン四兄弟との不思議な関係を描く新感覚ハートフルコメディ。

【キャスト】
釈由美子、堺雅人、要潤、池田鉄洋、本郷奏多/寺島進、真矢みき

【スタッフ】
脚本:永田優子
演出:小松隆志、二宮浩行、池添博
プロデューサー:吉條英希(関西テレビ)、遠田孝一(MMJ)、伊藤達哉(MMJ)
音楽:仲西匡
主題歌・挿入歌:「Baby Don’t Cry」安室奈美恵(avex trax)
制作:関西テレビ MMJ

» ご希望の作品が見つからない場合