無料トライアル開催中!会員になってショウタイムを体験しよう!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

闇の伴走者〜編集長の条件 Episode 3「迷宮」

闇の伴走者〜編集長の条件 Episode 3「迷宮」

【#3】
綿貫の画稿の闇取引を確信した優希と醍醐。「おとり捜査」で綿貫を呼び出し自白に追い込むが、専務も関わっているという衝撃の事実が判明する。しかし南部の死には自分は一切関係ないと言い張る綿貫……。そして、南部もこの闇の取引に気付いたものの、見逃していたという。南部の生前の不可解な言動に謎は深まる。そんななか醍醐は、南部が遺した一枚の画稿が、戦後最大の謎となった怪事件の一部を描いたものだということに気付く。

かつて一世を風靡した伝説の漫画誌編集者が、中堅出版社の漫画雑誌の復興を依頼され、強い意欲を持って編集長に就任した。しかしその直後にビルの屋上から転落死。遺書も不審な点もないことから、警察は早々に「事故」として処理をした。だがその死には、不可解な謎が多く残されていた。あの人なら殺されても仕方がないと言う編集部員や周囲の人々。「他殺か、自殺か?」――出版関係専門の調査員・優希(松下奈緒)と、偶然にも後釜として編集長に就任した醍醐(古田新太)は、再びコンビを組み、伝説の編集長の死の解明に乗り出す。手がかりは故人が残した作者不明の古い漫画画稿。2人は調査を進め、やがて戦後最大の謎「下山事件」に辿りつく。その背後には、「下山事件」を実にリアルに描写した謎の漫画家の存在が!戦後最大の謎の真相とは?伝説の編集長の死と「下山事件」、そして謎の漫画の関係は?

キャスト:松下奈緒、古田新太、津田寛治、白石隼也、今野浩喜、小宮浩信、八木亜希子、温水洋一、野間口徹、前野朋哉、真野響子、森本レオ、田中泯、平泉成、岩松了
脚本:阿相クミコ
監督:三木孝浩

» ご希望の作品が見つからない場合