無料トライアル開催中!会員になってショウタイムを体験しよう!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

本格文學朗読演劇 極上文學 第5弾『Kの昇天〜或はKの溺死〜』 組合せ(3) 鈴木拡樹、植田圭輔、末原拓馬、中村龍介、桝井賢斗

本格文學朗読演劇 極上文學 第5弾『Kの昇天〜或はKの溺死〜』 組合せ(3) 鈴木拡樹、植田圭輔、末原拓馬、中村龍介、桝井賢斗

『あの満月の夜、海岸にいたのは、K君と僕と影法師。』

僕とK君は、ある満月の夜、療養地のN海岸で奇異な出逢いをする。K君は言った。
「影ほど不思議なものはない。そしてそれは阿片のごときものだ。」と。
それから僕とK君は、毎日訪ね合ったり、一緒に散歩したりするようになった。
やがて、僕は次第に健康を取り戻し、療養地を離れることになったのだが、ある一通の手紙でK君の溺死を知ることになる。
そして僕はすぐ
「K君は月へ登ってしまったのだ」と感じ…。

» ご希望の作品が見つからない場合