無料トライアル開催中!会員になってショウタイムを体験しよう!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

ミュージカル「少女革命ウテナ〜深く綻ぶ黒薔薇の〜」

ミュージカル「少女革命ウテナ〜深く綻ぶ黒薔薇の〜」

1997年に放送されセンセーションを巻き起こしたアニメ「少女革命ウテナ」の舞台化作品第二弾、「少女革命ウテナ〜深く綻ぶ黒薔薇の〜」を映像化!今作ではアニメ「少女革命ウテナ」放送 20 周年を記念し2018年3月に上演されたミュージカル第一弾「少女革命ウテナ〜白き薔薇のつぼみ〜」で描かれた生徒会編の続編”黒薔薇編”を描く。

「少女革命ウテナ」は 1997 年に放送、王子様に憧れる男装の少女・天上ウテナが『薔薇の花嫁』と呼ばれる少女・姫宮アンシーと出会うことから<世界を革命する力>を手に入れるための闘いに巻き込まれていく物語。少女たちが抱える心の闇やコンプレックスを哲学的な言葉と独創的な切り口で描き、同年代の少女たちに大きな衝撃を与えた。ミュージカル第二弾となる「少女革命ウテナ〜深く綻ぶ黒薔薇の〜」では<思い出を永遠にするため>に、天才・御影草時がウテナの親友である篠原若葉や有栖川樹璃の幼馴染である高槻枝織たちの心の闇を解放し、黒薔薇のデュエリストに仕立ててウテナを追い詰める、原作でも非常に人気の高い<黒薔薇編>を描く。脚本・演出は「少女革命ウテナ〜白き薔薇のつぼみ〜」に続き、舞台「男水!」やミュージカル「ヘタリア〜In the newworld〜」などを手掛けた気鋭の演出家・吉谷光太郎が担当。スーパーバイザーには前作に続き「少女革命ウテナ」の生みの親である幾原邦彦監督が参加する。

【キャスト】
能條愛未、山内優花、吉澤翼、立道梨緒奈、樋口裕太、鈴木亜里紗、竹内夢、朝倉ふゆな、こんどうようぢ、熊田愛里、吉岡佑、徳山秀典

【スタッフ】
監督・スーパーバイザー:幾原邦彦 脚本・演出:吉谷光太郎

» ご希望の作品が見つからない場合