無料トライアル開催中!会員になってショウタイムを体験しよう!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

極道の紋章 レジェンド 第七章

極道の紋章 レジェンド 第七章

  • 168時間
  • 1:10:06
  • 440円(税込)

見る あとで見る!お気に入りに追加!

ストーリー/あらすじ

手打ち破りの件で、津浪(白竜)を呼び出した黒岩(小沢和義)。しかし、津浪に捕まった道南連合の藤沢(野口雅弘)がすべてを白状し、黒岩は逆に窮地に陥ってしまった。東堂(本宮泰風)の仲介により、最悪の事態は避けられたが、弘和会は北海道から撤退する事となった。義真会は全国へと規模を拡大していく中、中条(四方堂亘)からの推薦で新たに名古屋に組を持つ橋本(仁科貴)が会のメンバーに加わった。津浪は前崎(松田一三)に橋本を押して、名古屋を獲る様に指示するが、前崎は橋本がどのような人間かが掴めないでいた。そんな中、以前二代目前崎組組長で侠友会の執行部だった島谷(木村圭作)が前崎の前に現れた。前崎の周りで起こるさまざまな変化。そこには弘和会の刺客も潜んでいた―。

» ご希望の作品が見つからない場合